離婚の保険選びは子供の有無に合わせた物を選ぶ

結婚、出産したときと並んで、離婚したときは保険を見直すきっかけにする人が多いでしょう。しかし、離婚の場合は、結婚、出産の時と違い保険に新たに入るというよりは変更する事が沢山出てきます。そこで注目すべきことは子供がいる場合といない場合の違いです。それぞれのケース別にご紹介します。

子供がいるケースといないケースの違い

それぞれのケースの違いは以下の通りです。

子供がいないケース

子供がいない場合は、ただ独身時代に戻るわけですからご自身が就職したときや独身時代に入っていた保険に戻る事をイメージして保険選びをしましょう。気をつけたいのは、夫婦で入っていた生命保険は解約の手続きをして、きちんと財産分与することです。

子供がいるケース

最も大切なのは子供がいるケースです。今では離婚後シングルマザーになる人が多いですが、どちらが親権を持つ場合でも、世帯主が子供のためにキチンと生命保険に入り直すことが必要です。特に、死亡保障についてはお子様が親が死亡した時にある程度まとまった金額を受け取れるようなものを選びましょう。しかし、終身の保障は金額も高くなる傾向があるので、生活が落ちつくまでは掛け捨てのものを選ぶのもいいかもしれません。

まとめ

二つのケースを紹介しましたが、大切なのは、キチンと事務手続きをして、被保険者や受取人の変更をすることです。後々のトラブル回避のため、ケースにあった見直しをしましょう。