子供が独立した時の老後に備えた保険選びについて

保険の種類やプランは、とても沢山あります。

ライフスタイルや家族の変化によって、選ぶ保険を変えましょう。

子供が独立した場合、家計が大きく変化します。

子供の独立は、保険を見直すチャンスといえるでしょう。

では、子供が独立した時、どのような基準で保険を選べばいいのでしょうか。

老後の備え

子供の独立時に、一番に考えておきたいのが老後の備えです。

病気への備えや、老後の貯えが重要になってきます。

病気やケガへの備え

年を取るにつれ、病気のリスクは高くなります。

特に癌は、年を取ると罹る確率が上がってきます。

入院や手術時の保障をしっかりと、比べてみましょう。

また、もしもの時に必要なのは、配偶者の生活資金です。

二人でよく話し合って、もしもの時にいくら必要なのか、考えておきましょう。

老後の貯え

子供が独立した後に考えておきたいのが、老後の生活についてです。

貯蓄性のある保険や、個人年金保険の加入を検討しましょう。

早めの準備が重要なので、子供の独立を機に、老後の生活資金について考えてみましょう。

定期保険と終身保険

定期保険とは、期間内を区切りとお金をかけ捨てることで、手厚い保障を受けることができる保険です。

子供が独立した後は、一生保障が続く、終身保険がお勧めです。

終身保険は、定期保険よりも保険料が割高になりますが、貯蓄も同時に行えます。

終身保険にも種類があるので、自分にあったものを選びましょう。

最後に

子供が独立すると、様々な面で変化しますし、必要な保険も変わってきます。

配偶者とよく話し合って、これからの生活に備えましょう。